うつ病の治療は、本当に大変です。特に重度のうつ病になってしまうと、なかなか成果が上がらないなど、治療に時間がかかってしまいます。
また、自分にあったクリニックを選ばないと、逆に症状が悪化してしまう可能性も少なくありません。
日本国内には、色々なメンタルクリニックがありますが、その中でも多くの方が選んでいるのが新宿ストレスクリニック 品川本院というクリニックです。

新宿ストレスクリニック品川本院の特徴

こちらのクリニックには、他のクリニックでは効果の出なかった方が多く訪れています。
うつ病に効果的な抗うつ薬は、人によって効果がまちまちです。
また、担当医との相性などもあり、どうしてもうつ病治療の効果が出にくい方もいます。そういった方がセカンドオピニオン先として選ぶ事が多い人気のクリニックです。

人気の理由は、最先端の検査方式や治療方法を取り入れている事、そしてなるべく身体の負担が少ないアプローチを選んでくれる事などが挙げられます。
しっかりとしたカウンセリングを定期的に行ってくれますので、その時々の状況に合わせた治療をすることができます。

新宿ストレスクリニック品川本院の治療内容

こちらのクリニックでは、TMSと光トポグラフィー検査を受けることができます。
TMS治療と光トポグラフィー検査は、世界で最先端のうつ病に対するアプローチ方法として有名で、日本国内では導入しているクリニックが少ないものです。
TMS治療は、磁気刺激治療という治療法で、TMS治療用のコイルを頭に当てた状態で、コイルに高電力を流すことによって、脳内に電気エネルギーを当てることができます。
この電気エネルギーが、神経細胞に刺激となり、うつ病によって鈍化した脳の働きを活性化することができます。
TMS治療は、これまでのうつ病の治療方法とは違い、非常に副作用の少ないことで知られており、また即効性のある治療法がドクターズ・ファイルなどでも話題となっています。

光トポグラフィー検査は、うつ病の診断をより正確に行うための検査方法になります。
特殊な機器を頭に装着した状態で質問することによって、脳の血流の変化を診断します。
これまで問診などに頼っていたため、診断内容にバラツキがでていたものが、光トポグラフィー検査によって、正確性がアップします。

新宿ストレスクリニック品川本院の基本情報

新宿ストレスクリニックは、以前は新宿にあったのですが、2020年の9月に新宿から今の品川に移転しました。
移転したタイミングで新宿ストレスクリニック 品川本院という名前になりました。
アクセス方法は、JR品川駅の港南口から徒歩3分、もしくは京浜急行品川駅の高輪口から徒歩5分のところにあります。
周りにはないガラス張りのビルの3階と5階にありますのでわかりやすいと思います。

診療日は、基本的に年中無休となっています。
診療時間は、月曜日から日曜日の全て10:00~20:00になっています。しかし、新型コロナウイルスの影響によって、診療時間が短くなったり、休診日になったりするそうなので、必ず事前に確認の電話を入れるようにしてください。

dエンジョイパスの特典利用でお得に検査を受けることもできます。不安でなかなか行く気になれないと感じる方も、気軽に利用できるきっかけになるのではないでしょうか。こちらの特典は新宿ストレスクリニック品川本院と、新宿ストレスクリニック梅田院のみ利用可能です。
dエンジョイパスを使って光トポグラフィー検査を体験してみる