昭和の時代とは違い、色々な仕事がパソコンを使って作業をするようになりました。
そのため、肉体的な負担は軽減されていると言われていますが、精神的な負担は拡大してきています。
自分には関係ないと思っていても、唐突に訪れるのがメンタル系の病気ですので、もし病んだ時のために、情報収集を行っていかなければいけません。

問題となっているメンタル系の病

日本国内で問題となっているメンタル系の病気は、うつ病、依存症、摂食障害、睡眠障害、統合失調症、認知症、PTSD、発達障害、てんかん、強迫性障害、解離性障害など多数あります。
その中でも特に多い病気がうつ病です。うつ病は、身体的なストレス、精神的なストレスなどが原因で生じる病気です。脳の機能障害が起こりますので、どんどんと自分を追い込んでしまう恐ろしい病気です。

症状は人それぞれなのですが、重度のうつ病を発症してしまうと、働くことはもちろんのこと、一般的な生活すらできなくなってしまう恐れがあります。
うつ病などは、信頼できる専門機関に相談し、正しい治療方法をはじめることで回復します。

精神科の選び方

精神科を選ぶことは、非常に難しいと言われています。特にうつ病などのメンタル系の病気が発症してしまっているような時には、冷静な判断をすることができませんので、良い医療機関、良い精神科医を見つけることは困難です。
また、良い医療機関、良い精神科医は症状やその人の生活によっても違ってしまいますので、正しい選び方をしなければいけません。

精神科を選ぶ時には、必ずその医療機関のホームページをチェックするようにしましょう。治療方針や治療の選択権が患者にあるかどうか、自立支援や復職支援などサポート環境が整っているのかなどは、必ずチェックしたい条件です。
また、何度も足を運ぶことになりますので、通いやすさなども念頭に置いて選ぶようにしましょう。

心療内科の選び方

心療内科は、精神科とは違い、ストレスが原因で起こる体の不調を治すことを目的とした医療機関です。
日本国内に心療内科専門医が120名ほどしかいませんので、精神科を選ぶよりも大変かも知れません。ストレスが原因で生じた胃潰瘍や心筋梗塞、嘆息、腹痛や下痢などの症状が現れたら、すぐに心療内科を受診するようにしましょう。

心療内科での治療が必要になった場合には、最初に医療機関を紹介しているホームページをチェックし情報収取を行います。
住んでいるエリアや症状によって、ベストな医療機関はことなりますので、なるべく多くの医療機関を紹介しているホームページをチェックするようにしましょう。
例えば、みんなのメンタルヘルスというホームページは、各エリアの医療機関を紹介していたり、それぞれの条件に合わせて医療機関を探すことができたりしますのでおすすめです。
医療機関にかかるまでは至らないが、体調や精神的に不安定になっているような場合には、そういった状況を相談することができるサービスの紹介も行っていますので、非常に頼りになります。

また、私が信頼しているクリニックの新宿ストレスクリニックは、院長自らYouTubeでクリニックの紹介をするなど、患者さんがあんしんできるような取り組みを行っています。
不安に感じる方も多いと思いますが、こうした取り組みのおかげで不安が和らぎ、通院もしやすくなります。
気になる方は一度新宿ストレスクリニックのYouTubeをご覧ください。
新宿ストレスクリニックのYouTubeを見る